コミュニケーションメール

  • 2018/05/16 08:00
京都市小学校PTA連絡協議会(小P連)では,毎月16日を『家族コミュニケーションの日』としています。

このコミュニケーションメールは,毎月16日に小P連はぐくみ委員会からお届けします。
忙しい毎日の中で,ふと家族とのコミュニケーションを振り返っていただくきっかけとなれば幸いです。
今年度もよろしくお願いいたします。

さて,入学,進級から1か月余り,子どもたちは新しい生活に慣れてきたころでしょうか。
順調な場合もあれば,行きしぶりがあったり,お友だちとの関係に悩むという場合もあるかと思います。
子どもが困っていると親も本当に悩みます。

自分の悩みは他の保護者の悩みと同じだということも多々あります。そんな時に頼りになるのは,学校の先生や保護者仲間です。知り合いが少なかったり,あまり親しくないからと遠慮しがちですが, ぜひ相談してみてくださいね。素晴らしいヒントをもらえるかもしれません。

また,日頃から学校やPTAの行事に参加して顔の見える関係を築いておく,というのもおすすめです。
子どもたちとも共通の話題が増えて一石二鳥ですね。学校の先生も保護者も仲間です。共に楽しく育んでいきましょう。



バックナンバー